片岡が雪辱に燃えている。全日本総合選手権のA東京戦は、後半の出だしに田中との1対1で、ドライブから3連続シュートで大勢を決められた。個人能力の差を見せつけられただけに「この前とは違う僕を見せる」と気持ちを高ぶらせる。

 今回は田中がパスを受ける前からしつこく体を当て、楽な体勢でボールを持たせない考えだ。15日の対戦形式の練習では田中とのマッチアップを想定。パスコースに体を入れて相手にプレッシャーを掛ける動きに気迫がこもった。

 攻撃でも、次の守りを考えてプレーする。ゴール下に切り込んだりドライブしたりと、積極的に動き回ることで、マークしてくる田中の攻撃にかける体力を奪いたい。

 田中は片岡を...    
<記事全文を読む>