バスケットボール男子、B1仙台が、リーグ前半戦29試合を終え8勝21敗と苦しんでいる。順位は東地区6チーム中4位で、5位北海道、6位秋田とは1勝差以内。得点力を欠いた上、生命線の守りで崩れる試合が目立った。それでも、昨年12月に堅守復活の兆しを見せ、17日のホームA東京戦から始まる後半戦(31試合)に浮上の望みをつなぐ。<12連敗と失速> 開幕1カ月は5勝5敗と安定した戦いぶりを見せたものの、その後に12連敗と失速。同じ旧bj勢の秋田、琉球、新潟を相手に勝ちを取りこぼした。

 守備の激しいプレッシャーが機能しての序盤成績だったが「欲が出て攻撃に気が向いてしまい、守備がおろそかになった」(...    
<記事全文を読む>