船橋市を本拠地とするプロバスケットボールチームの千葉ジェッツの選手らが十一日、市役所を訪れ、全日本総合選手権大会での初優勝を松戸徹市長に報告した。島田慎二球団代表は「『船橋の力で日本一』を掲げて二年。こんなに早く優勝報告ができるとは。ブースター(ファン)が(客席を)赤く染めて大声援を送ってくれた」と感謝した。

 ジェッツは九日に東京・国立代々木競技場で行われた決勝戦で、川崎ブレイブサンダースを88-66で破り初優勝した。企業が母体でなく市民球団として二〇一一年にbjリーグに参戦して以来初のタイトル。発足時からプロとして活動するチームで初めて同選手権を制する快挙となった。

 選手権では市内の...    
<記事全文を読む>