バスケットボールBリーグ2部(B2)の岩手ビッグブルズに特別指定選手として入団した盛岡南高のPG渋田怜音(れおん)、PF永田渉(ともに3年)が10日、チーム練習に初めて参加し、プロの世界へ一歩を踏み出した。

 練習前のミーティングで自己紹介した2人はやや緊張した表情。上田康徳ヘッドコーチ(HC)や先輩たちから声を掛けられながら、ボール回しなど約3時間汗を流した。

 永田は「(体の)当たりがまだまだ。練習する中で強くしていきたい」、渋田は「コートに立てば年齢は関係ない。思い切ってプレーできるよう、もっと挑戦していきたい」と決意を述べた。【写真=チーム練習に初参加した特別指定選手の渋田怜音(中...    
<記事全文を読む>