台湾の高校女子バスケットボールの強豪チームが天童市を拠点に合宿をしている。かつて山形大バスケ部を率い、強豪に育てた大神訓章(くにあき)さん(67)=山形市=がチームを指導している縁で、昨年に続き来県。県内外のチームと練習試合を繰り広げている。

 訪れているのは台湾・高雄市の普門高の1~3年生12人と廖哲億コーチ(30)。大神さんは2015年3月に山形大教授を退官し、以前から交流があった台湾の佛光大に客員教授として赴任し、学生にバスケを指導。同年10月からは同大と関係のある普門高のコーチも務めた。16年4月に帰国した後も、指導のため時々、現地を訪問しているという。指導が実り、同校は台湾で冬...    
<記事全文を読む>