バスケットボールの全日本総合選手権は9日、東京・国立代々木競技場で男子の決勝が行われ、Bリーグの千葉ジェッツが88-66で川崎ブレイブサンダースを下し、初優勝を果たした。

 発足時からプロとして活動するチームで初の快挙となった。千葉88 17-19 66川崎    19-7    23-20    29-20 歴史をつくった―。

 千葉ジェッツは2点を追う第2クオーターに持ち味の厳しい守備から攻撃につなげて逆転。10点差をつけて前半を折り返すと、その後も勢いは止まらず、速い展開に持ち込んで、昨年末のリーグ戦で連敗した相手を倒し栄冠をつかんだ。

 船橋市をホームタウンにする千葉ジェッツは、20...    
<記事全文を読む>