バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の岩手ビッグブルズと特別指定選手契約を結んだ盛岡南高のポイントガード渋田怜音(れおん)、パワーフォワード永田渉(ともに3年)が6日、県庁で入団会見を行い、リーグ初の高校生特別指定選手となった意気込みを語った。

 学生服姿の2人は岩手の帽子をかぶり、チームを運営する岩手スポーツプロモーションの北舘洋一郎社長と笑顔でボールに手を重ねた。

 北舘社長は渋田のスピードあるドライブと高確率の外角シュート、永田の最近1年間で急成長した将来性を評価した上で県内の高校、大学生の中から2人を選出したと説明。「高校で培ってきたプレーをどれだけ発揮できるかチャレンジしてほ...    
<記事全文を読む>