全日本総合バスケ第5日は6日、東京・国立代々木競技場などで準々決勝が行われた。全てBリーグ勢となった男子で仙台はA東京に73-84で敗れ、4強入りを逃した。◎ミスから連続失点 ▽男子準々決勝A東京(Bリーグ)84 22-17 73 仙台(Bリーグ)            17-11            26-15            19-30 仙台が後半の出だしで引き離された。28-39で迎えた第3クオーター、連続9失点で20点差をつけられ、流れを失った。第4クオーターは、ホワイトや片岡らの得点で6点差まで詰めたが、ミスなどから連続失点し力尽きた。終盤にネパウエが5ファウルで退場...    
<記事全文を読む>