B1優勝候補、A東京の背中はやはり遠く、仙台がリーグ戦全3試合完敗の借りを返すことはかなわなかった。昨年12月30日のB1大阪戦からの公式戦連勝も3で止まった。

 第3クオーターの入りにつまずいた。約3分間に日本代表ガードの田中一人に連続9失点。マークしたのは守備に定評のある片岡だったが、1対1からドライブで振り切られ、レイアップを許した。

 身長184センチの片岡に対して田中は191センチ。体格差を突かれた。味方のカバーも甘かったとはいえ、個人の力の差を見せ付けられた。片岡は「これほど悔しい思いをしたのは久しぶり。ヘルプ(周りの選手のカバー)どうこうではなく、僕の責任」と、今季一番の険し...    
<記事全文を読む>