全日本総合バスケ第4日は5日、東京・国立代々木競技場などで男子3回戦が行われ、仙台は三遠とのBリーグ対決を83-68で制し8強入りした。2連覇を狙う三河や栃木など8強は全てBリーグ勢が占めた。

 三河は東海大を127-78で、前回準優勝の栃木は四国電力を99-66で退けた。昨年の全国高校総体と全国高校選抜優勝大会を制した福岡第一高は川崎に67-114で敗れ、大学王者の筑波大はA東京に善戦したが74-86で屈した。

 6日は男女の準々決勝が行われる。男子の仙台は同じBリーグ1部東地区の首位、A東京と対戦する。◎第3Qに突き放す ▽男子3回戦仙台(Bリーグ) 83/18-14/68 三遠(Bリ...    
<記事全文を読む>