バスケットボールの全日本総合選手権第3日は4日、東京・国立代々木競技場などで行われた。男子2回戦でBリーグの大阪は青学大を89―36、新潟は白オウ大を105―60で退けた。京都と仙台も3回戦に進んだ。昨年の全国高校総体と全国高校選抜優勝大会を制した福岡第一高は名古屋経大を72―65で破って16強入りした。

 女子3回戦ではWリーグ勢で4連覇を狙うJX―ENEOSが岐阜女高を89―54で下して準々決勝に進出したほか、富士通やシャンソン化粧品などもベスト8に残った。

...    
<記事全文を読む>