バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は3日、東京都の大田区総合体育館などで行われ、東地区の岩手ビッグブルズは中地区3位の東京Zに60-64で惜しくも敗れた。通算7勝21敗。東京Zは11勝17敗。

 岩手は終盤の攻防で競り負けた。38-38の同点で迎えた第4クオーター、相手にリードを許したがG/F沢口誠、G永田晃司らの得点で残り1分で同点と食らいついた。しかし最終盤、ファウルを重ねてフリースローで突き放された。

 東地区首位の福島は奈良を80-66で下し、20勝目(8敗)を挙げた。西地区首位の熊本は中地区2位の西宮に66-80で敗れて23勝5敗。西宮は19勝9敗となった。

 岩手は21、...    
<記事全文を読む>