バスケットボールの第92回天皇杯・第83回皇后杯全日本総合選手権大会第2日は3日、東京都内で男子の1回戦と女子の2回戦を行った。全日本大学選手権(インカレ)3位で出場権を獲得した男子の白鴎大は九州電力(社会人2位)に78-72と競り勝った。インカレ女王として臨んだ白鴎大は愛知学泉大(インカレ5位)に68-86と、初戦で姿を消した。

 白鴎大男子は第4クオーターまでシーソーゲームが続く激戦となったが、同クオーター6分からディオップマムシェッハ・イブラヒマと小倉渓(おぐらけい)の4連続得点で逆転に成功、そのまま逃げ切った。

 白鴎大女子はリバウンドを思うように奪えず前半を14点のビハインドで折...    
<記事全文を読む>