バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は3日、各地で第14節が行われた。中地区5位の信州ブレイブウォリアーズは千曲市戸倉体育館で西地区6位(最下位)の鹿児島レブナイズと対戦し、84―77で競り勝った。信州は2連勝で通算成績を9勝19敗とし、4位に浮上した。

 信州は第1クオーター(Q)、厳しいマンツーマン守備から上杉が高確率でシュートを決めて5点をリードした。第2Qは一時、同点とされたが、武井やカーターの3点シュートで引き離して46―30で前半を終えた。第3Qは鹿児島の鮫島に10得点を許して6点差に迫られ、第4Q終盤には2点差に詰められたが、ドラードの得点などで振り切った。

 信州は21...    
<記事全文を読む>