プロバスケットボールBリーグの琉球ゴールデンキングス(西地区5位=12勝16敗)は12月31日、北海道の北海きたえーるでレバンガ北海道(東地区5位=7勝21敗)と第2戦(今季第29戦)を行い、76―74で競り勝った。

 キングスは第1クオーター(Q)から積極的にリングを攻め、レイショーン・テリーを起点に内外で点を重ねた。第2Qも勢いを継続し、42―33で前半を終えた。

 第3Qは前半に見せた積極性が影を潜め、北海道に逆転を許した。

 互いにリードを奪い合う接戦になった第4Qは再びインサイドを切り崩し、残り0・1秒にラモント・ハミルトンのドライブシュートで試合を決めた。

 キングスは18日、沖縄...    
<記事全文を読む>