バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は2日、東京都の大田区総合体育館などで行われ、東地区の岩手ビッグブルズは中地区3位の東京Zに69-60で勝った。通算7勝20敗。東京Zは10勝17敗。

 岩手はシュートの成功率や攻守のリバウンドで上回った。前半は五分の戦いだったが、24-22で迎えた第3クオーターでG永田晃司の3点シュートやPF/Cニカエス・ドークスの2点シュートで一気に14点差までリード。第4クオーターの東京Zの追い上げを振り切り勝利した。

 西地区首位の熊本は西宮を84-77で退け、23勝4敗とした。東地区の福島は奈良を90-83で下し、19勝目(8敗)を挙げた。岩手は3日も同...    
<記事全文を読む>