プロバスケットボールBリーグ1部の滋賀レイクスターズは三十、三十一の両日、大津市のウカルちゃんアリーナ(県立体育館)で三遠ネオフェニックスと対戦し、連敗した。通算成績は、六勝二十三敗で西地区最下位の六位。

 三十日は58-62で惜敗。第4クオーター(Q)に一時逆転したが、残り四分から相手に三連続の3点シュートを許し競り負けた。シュート精度が低く成功率は30%を切った。

 三十一日は64-82で黒星。第1Qに10-27と大差をつけられた上に、エースのジュリアン・マブンガ選手らのファウルがかさみ、その後の出場時間が制限されたのが響いた。

 遠山向人ヘッドコーチは「二〇一六年を締めくくるには、ふさ...    
<記事全文を読む>