プロバスケットボールB1の栃木ブレックスは名古屋市の愛知県体育館で西地区2位の名古屋Dと交流戦を行い、77-59と、年内最終戦を白星で締めくくった。通算成績は21勝6敗、東地区2位は変わらない。

 ブレックスは第2クオーターに渡辺裕規(わたなべひろのり)の連続得点などで逆転。後半は守備からペースをつかみ、リードを2桁に広げた。

 リーグは全日本総合選手権大会(天皇杯)のため約半月中断。ブレックスの天皇杯初戦は5日午後4時から、代々木第一体育館で3回戦を戦う。

...    
<記事全文を読む>