サッカーの第96回天皇杯全日本選手権最終日は1日、大阪・吹田スタジアムでJ1勢同士の決勝が行われ、鹿島が延長戦の末に2-1で川崎を下した。鹿島は6大会ぶり5度目の優勝を飾り、2007年シーズン以来の1季2冠。19個目のタイトルを手にした。鹿島は1-1で迎えた延長前半4分、ゴール前のこぼれ球をファブリシオが右足で蹴り込み、決勝点を挙げた。J1リーグと天皇杯を制した鹿島は、2月18日の富士ゼロックス・スーパーカップでJ1リーグ2位の浦和と対戦する。

...    
<記事全文を読む>