トリムカップ2017第9回全国女子選抜フットサル大会九州大会が28、29の両日、宮崎市の佐土原体育館であり、佐賀県選抜が決勝で大分県選抜を1-0で下して3連覇し、4度目の全国大会出場を決めた。

 佐賀県選抜は予選グループを1勝1分けの2位で突破。福岡県選抜との準決勝は、1-2から終了間際に原田麻未のゴールで追い付くと、延長後半に永田未矢が勝ち越し点を奪って競り勝った。

 大分県選抜との決勝も0-0のまま延長に入ったが、試合終了直前に原田がネットを揺らして優勝を決めた。原田は5得点を挙げて大会得点王に輝いた。

 佐賀県選抜は3月24~26日に岐阜県で開かれる全国大会に出場する。

 =県勢の成績=...    
<記事全文を読む>