沖縄県内でのサッカーキャンプが活況を呈している。今年は過去最多となるJリーグ14チーム、中国・韓国の海外8チーム計22チームが新シーズンに向けたチームづくりの場に沖縄を選んだ。期間中は一流選手を間近に見ることのできる絶好のチャンスだ。県内キャンプの魅力や今年の注目を紹介する。(新垣亮) 県などの積極的な誘致活動に加え、各自治体にある競技場のピッチの改善が進んだことで、県内でサッカーキャンプを行うチームが増加した。

 県は2010年度から誘致事業を実施。09年度はJリーグ2チームのみだったが、さらに課題だった芝生環境の整備が進み13年度は14、14年度は17、15年度は21とキャンプを実施...    
<記事全文を読む>