16日に先陣を切った浦和レッズやガンバ大阪、清水エスパルス、北海道コンサドーレ札幌に続き、サッカーのJリーグ勢が続々と沖縄入りし、3月まで沖縄キャンプを行う。今年は海外勢8チームを含み過去最多の22チームが沖縄県内に集結する。

 22日にはJリーグ開幕前のプレシーズンマッチ「2017DAZNニューイヤーカップ」も開幕し、J3のFC琉球がJ2のジェフユナイテッド市原・千葉を3-1で下した。ピッチでは新シーズンをにらんだ選手らの真剣なプレーが展開されている。

 地元沖縄県出身では5選手が沖縄でキャンプイン。札幌の上原慎也(30)と千葉の比嘉祐介(27)は既にチームと共に沖縄入りし、軽快な動きを...    
<記事全文を読む>