元サッカー日本代表の経歴を持つ県議会の森正明議長が自身の半生を語った「日本代表議長 森正明 サッカー選手から地方政治家へ」(すぎさきともかず著、タウンニュース社)が出版された。

 「引退後は指導者や教員も考えていた。ものすごい葛藤があったが、いろいろな縁が重なった」と県議への転身を振り返る森議長。本ではベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)のJリーグ初昇格など選手時代の思い出や、引退後の地域活動から県議への歩みを詳細に記している。サッカー選手と政治家の両方の視点で見た地域や行政、政治のあり方も語っている。

 2002年サッカーのワールドカップ(W杯)日韓大会で、1枚の名刺が縁でナイジェリアの...    
<記事全文を読む>