「沖縄サッカーキャンプ2017」を主催する県などは13日、県庁で記者会見し、Jリーグ14、中国・韓国の海外8の計22球団が1月から2月下旬まで県内キャンプを実施すると発表した。昨年の21を上回る過去最多22チームが、沖縄で新シーズンに向け心身を鍛え上げる。県スポーツ振興課の瑞慶覧康博課長、県サッカー協会の具志堅朗会長、誘致事業を担ったFC琉球の李済華GM、参加球団の関係者らが出席し、概要を説明した。

 具志堅会長は「海外チームの参加は、東京五輪のキャンプ誘致に向けたリハーサルになる。また、子どもたちにはJのチームを見て学んで、優秀な選手に育ってほしい」と期待した。

 1年でJ1復帰を果たし...    
<記事全文を読む>