サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選は3月から残り5戦の後半戦が始まる。B組2位で折り返した日本代表は6大会連続となる本大会の切符をつかめるか。チームを率いるハリルホジッチ監督(64)がインタビューに応じ、データを交えながら、課題や選手に求めるポイントについて語った。

 (上條憲也) -昨年を振り返ると。

 「ここまでの1試合平均の統計を示しながら、特徴を紹介したい。(出場選手の合計)走行距離は平均で115キロで悪くはない。ただ、目標は120キロ。それも増やせばいいだけの問題ではない。リズムの変化やスピードアップなど走りの質が必要だ」 -もう少し具体的に。

 「スプリント...    
<記事全文を読む>