サッカー明治安田J3のブラウブリッツ秋田(BB秋田)は30日、大館市の大館樹海ドームで1次キャンプをスタートさせた。今季から指揮を執る杉山弘一監督(45)は「コミュニケーションと戦術理解度を深めていきたい」と話した。

 開幕前にドームで1次キャンプを張るのは5回目。選手たちはパス回しやミニゲームなどの練習に臨み、2時間ほど汗を流した。

 1次キャンプは2月4日まで。杉山監督は「個々の特徴を見ながら選手に戦術を落とし込んでいる。90分間、サッカーに真摯(しんし)に向き合うクラブにしたい」と抱負を語った。

...    
<記事全文を読む>