サッカーJ3のAC長野パルセイロは23日、長野市の長野Uスタジアム(南長野運動公園総合球技場)で今年初の全体練習を行った。新加入を含む28人全員が初めて顔を合わせた。昨季は3位に終わり、悲願のJ2昇格に挑む。今季から指揮を執る浅野監督は「選手たちが良い表情でやってくれた。初日としては良い練習ができた」と話した。  同スタジアム観客席近くの通路で、円陣を組んでから全体練習を開始した。ランニングで体を温め、屋内練習場へ移動。練習場を半面に分け、簡単なパス回しや5対2のボール回しなどを行い、約1時間汗を流した。

 練習前に行ったミーティングでは、浅野監督が攻守のコンセプトについて選手に伝えた。...    
<記事全文を読む>