J3秋田からアスルクラロ沼津に移籍した元日本代表MF伊東輝悦(42)=静岡市清水区出身=が23日、クラブの練習に初参加した。7年ぶりの静岡でのプレーに「自分にできることでベストを尽くす」と力を込めた。

 晴天の下、伊東は他の選手らとともにウオーミングアップやポジションに分かれたパス練習に取り組んだ。途中から別メニューで黙々とランニングを行い、汗を流した。約1時間半の練習を終え、「秋田に比べて暖かく、気持ち良く練習できた。静岡はサッカーをやる上でいい環境」と笑顔を見せた。コンディションについては「まだまだだが、徐々に上げていきたい」と語った。

 伊東は清水の黄金期を支え、日本代表では国際Aマ...    
<記事全文を読む>