サッカーJ3栃木SCは22日、宇都宮市の二荒山神社で2017年シーズンの必勝祈願を行った。橋本大輔(はしもとだいすけ)社長や横山雄次(よこやまゆうじ)監督、新加入選手を含む24選手らがJ2復帰を強く祈念した。

 選手らは拝殿で神事を行った後、サインが書かれた特大の絵馬を奉納。横山監督は「選手、スタッフの健康、そしてJ3優勝、J2昇格を願った」。昨季まで3季主将を務めた広瀬浩二(ひろせこうじ)は「全力で頑張りますので、全力でご加護をよろしくお願いします」と願いを込めた。

 その後、クラブはバンバ市民広場で「必勝祈願祭」を開催。集まったサポーターら約1200人を前に、今季のスローガン「集心必翔...    
<記事全文を読む>