J3カターレ富山は22日、富山市の県総合運動公園陸上競技場会議室でクラブ幹部とサポーターが意見を交わす会合を開き、今後のクラブが目指す方向性について話し合った。酒井英治社長は今季の目標として「J2復帰のために、勝率7割と勝ち点66以上を目指す」と語った。

 約80人のサポーターが参加。酒井社長が6位に終わった昨季について「2巡目で戦術を研究され、ここぞで勝ち切れなかった」と振り返った。黒部光昭強化部長が補強のポイントなどを説明した。

 質疑応答では、サポーターから「ホームタウン活動(地域貢献活動)をもっと充実させてほしい」「クラブとサポーターが話し合う機会を増やしてほしい」といった意見が出...    
<記事全文を読む>