J3の栃木SCは19日、2017年シーズンのトップチームスタッフを発表した。2008、09年に栃木SCのFWとして活躍した松田正俊(まつだまさとし)氏(36)が新たにヘッドコーチに就任するなど、新体制が固まった。

 千葉県出身の松田氏は現役15年間で、J1からJFLの8チームに所属。栃木SCにはJFL最終年に入団し6得点でJ2昇格に貢献。J2の1年目までチームに所属し、10年に当時JFLだった秋田へ移籍した。13年に引退し、昨季まではJ3秋田のヘッドコーチなどを歴任した。

 松田氏のほかには、コーチにJFL奈良クラブから浜岡寛(はまおかひろし)氏(40)が、トレーナーにJ3長野から松本祐太...    
<記事全文を読む>