サッカーJ3の鹿児島ユナイテッドFC(鹿児島U)は18日、クラブ初となる奄美大島でのキャンプを開始した。22日まで。最終日には大島高と練習試合を予定する。

 午後に奄美市入りすると、空港では同市サッカー協会などが横断幕を掲げて歓迎。島袋修会長は「島の子どもたちが大きな夢と希望を抱く素晴らしい機会。新シーズンの成功を祈ります」とあいさつし、三浦泰年監督と選手代表のMF赤尾に花束を贈呈した。

 到着後は早速練習を行い、狭い局面の中で正確にパスをつなぐトレーニングを中心に約1時間半汗を流した。キャンプ初日ながら最後はゲーム形式の練習も行い、ゴールを狙うパスワークを確認していた。
<記事全文を読む>