J3カターレ富山は17日、富山市八木山(大沢野)のアイザックスポーツドームで今季初めての全体練習を行い、3月12日の開幕戦に向けて始動した。

 練習には全28選手が参加。ミーティング後、午前10時半から約2時間半にわたって、パス練習や軽めの試合形式に取り組んだ。選手たちは時折リラックスした表情を見せながら、それぞれのコンディションを確かめていた。FWパブロ、西晃佑ら新加入選手も軽快な動きを見せていた。

 浮氣哲郎監督は「元々の印象通り真面目な選手ばかり。初日は自分の体の状況を知ることをテーマに練習した」と話し、戦術などは主に高知県でのキャンプ(2月1~15日)で取り組むという。

 8季目を迎...    
<記事全文を読む>