9人新加入で再始動 サッカーJ3のカターレ富山は十六日、今季の新体制や背番号を富山市内で発表した。「超戦 心ひとつに」をスローガンに掲げ、補強は攻撃強化を優先してクラブ史上初のブラジル人選手をはじめ富山出身の二人を含む九人を新たに加え、三季ぶりのJ2昇格に向けて再始動した。(伊勢村優樹) 球団は設立から十年目に入る。スローガンについて酒井英治社長は「未来につなげていくための節目の年。J2復帰とさらなる高みを目指していく決意を超戦という文字で表現した」と説明した。

 ブラジル人選手はパブロ選手(20)。一八四センチ、八〇キロの体はパワーがあり、昨季はJ3琉球で二十一試合7得点を挙げ、早い段階...    
<記事全文を読む>