J3カターレ富山は16日、クラブ事務所のある富山市の県総合運動公園陸上競技場で会見し、2017年シーズンの新体制を発表した。選手は新加入9人を含む28人で、スローガンは「超戦~心ひとつに」に決まった。

 スローガンには、昨年までクラブが積み上げてきたものを大切にしながら、それを超える戦いでJ2復帰を目指す、という決意を込めた。

 会見には酒井英治社長や浮氣(うき)哲郎新監督のほか、新加入の選手やスタッフが出席し、自己紹介した。同クラブアカデミーからトップチームに昇格するFW西晃佑は「今まで関わってくれた人に感謝の気持ちを忘れずプレーし、試合に出て活躍したい」と意気込みを語った。
...    
<記事全文を読む>