今季から新設のミクニワールドスタジアム北九州を本拠とするJ3ギラヴァンツ北九州に加入したGK山岸範宏が15日、新スタジアムの「福の神」になることを誓った。J2山形から期限付き移籍した38歳は、北九州市内で行われた新体制発表会見で「勝利の笑顔で満たされる幸せなスタジアムに」と1年でのJ2復帰に導く決意を示した。

 山岸は日本代表に招集経験があり、J1通算171試合の出場を誇る。J1浦和から山形に途中移籍した2014年のJ1昇格プレーオフ準決勝で後半ロスタイムにCKからゴールを決めるなど昇格に貢献。サポーターから「山の神」とあがめられた。「瀬戸際の勝負で勝つために必要なことをチームに発信でき...    
<記事全文を読む>