サッカーJ3福島の監督に就任した田坂和昭氏(45)が12日、福島市のホテルで記者会見し、「新たな気持ちで指導者として挑戦する。選手と共に成長し、福島の皆さんに笑顔を届けたい」と決意を語った。

 田坂氏は、昨季7勝9分け14敗で16チーム中14位に終わった福島について「得失点シーンの映像を見ただけで、分析はこれからだ」とした上で、「もう少し走力をつけたい。攻守に『密集』を意識したサッカーを目指す」と述べた。

 同席した鈴木勇人社長は「勝負の年となるチームにとって最適な指導者だ。トップチームだけでなく、育成システムも共につくっていきたい」と期待した。

 元日本代表MFの田坂氏は広島市出身。J1平...    
<記事全文を読む>