サッカーJ3のFC琉球は10日、沖縄県庁で会見し、2017シーズンのチームスローガンを「琉球流蹴球 RYUKYU STYLE」と発表、加入選手を含めた新体制を紹介した。新任の倉林啓士郎代表取締役は「真の県民クラブへの変革により、FC琉球が沖縄になくてはならない存在となれるようにしたい」と述べ、金鍾成監督は「3対1で勝つサッカーをさらに追求していき、J2に昇格することを目標に掲げる」と2季目へ向けて、あらためて決意を示した。

 会見では新任の吉田ロベルトクリエーティブディレクターも就任あいさつし、新加入選手らは意気込みを語った。選手は新加入9人を含む25人でスタート。18歳(DFキムヒョン...    
<記事全文を読む>