サッカーJ3で4季目を迎えるFC琉球は6日、八重瀬町具志頭陸上競技場で今季の初練習を行った。就任2年目の金鍾成監督の下、J2昇格を目指す選手たちは、気持ちも新たにリラックスした表情で始動した。

 昨季8位だった琉球は、オフに大学生や韓国籍の選手を中心に若いメンバーを補強した。初練習では新加入の選手も交じり、基礎トレーニングを中心に汗を流した。

 金監督は「それなりの補強ができた。フロントと一体となってJ2を目指したい」と抱負を語った。

 埼玉工業大から加入したFW福田愛大は「プロとしての意識の高さを感じた。点を取って結果を残したい」と意気込んだ。

 4年目のMF藤澤典隆は「チームのためにどのポ...    
<記事全文を読む>