J3に初降格した北九州にとって、今年はJR小倉駅北側に完成する新スタジアム「ミクニワールドスタジアム北九州」の元年となる。柱谷前監督は降格の責任を取って退任。福岡や長崎でプレーした原田新監督の下、1年でのJ2復帰と地元に根差したクラブづくりを掲げる。

 再出発のシーズンを見据え、ベテランの前田は「クラブの目標や哲学を持ち、一つ一つを積み重ねていく時期」と強調する。地元北九州市出身の池元も「しっかりと見つめ直して、応援したくなるチーム、選手にならないと」と口にした。

...    
<記事全文を読む>