日本フットボールリーグ(JFL)のヴェルスパ大分に、徳島商高3年で重度の聴覚障害があるFW西大輔(18)=徳島市北前川町=の入団が18日、決まった。クラブ関係者によるとJFLで聴覚障害者が選手登録されるのは初めて。

 同校であった入団会見で西は「チャンスを与えてくれたことに感謝している。一日も早くチームの勝利に貢献できるプレーヤーになる」と意気込んだ。

 会見には同校サッカー部の松下洋平監督、大分の関係者、同校のサッカー部員ら約50人が出席。永松宜洋校長が「厳しい環境に身を置くことになるが、忍耐力と向上心で克服できると信じている」と激励。大分の堀内省吾強化部長は「体つきやスピードはまだまだ...    
<記事全文を読む>