ことしの日本フットボールリーグ(JFL)で二連覇を目指すホンダFCが九日、浜松市北区都田町の本田都田サッカー場で始動した。選手二十人がランニングを中心に体をほぐした。

 練習前にクラブハウスでミーティング。ホンダの井幡博康監督は「昨年優勝したことで観客のホンダを見る目も違ってくる。ファンの期待に沿うように力を尽くしてほしい」とあいさつした。ホンダの守備のリーダー、鈴木雄也選手(25)は「昨年は勝負強さを発揮して年間優勝に結び付けた。ただし、プレーの質という面では見劣りがした。今季は勝負強さに加え、質も上げて戦っていきたい」と抱負を語った。

 ホンダは当面、都田サッカー場で練習を積み、二月十...    
<記事全文を読む>