12得点―。今季の山形の選手で、昨季のJ2リーグ戦の最多得点者は阪野豊史だ。確かな実績を引っ提げて移籍してきた男は、高い得点力に加えてポストプレーや前線からの守備もこなす万能型のFW。そして何かと山形との縁がある選手でもある。

 昨季は、今季の山形を指揮する木山隆之(たかし)監督の下、J2愛媛でプレーした。「12点を取れたのは、監督の言葉を信じてやったことが自分に返ってきたんだと思う」と謙虚に語り「(監督の下で)やるべきこと、求められることは分かっている」と信頼感を口にする。

 ゴール前の嗅覚に加え、守備ラインの裏に抜け出したり、ポストプレーで周りを生かしたり、守備に走ったり。さまざまなプ...    
<記事全文を読む>