サッカーJ2の水戸ホーリーホックは二十八日、ファン感謝イベントを、二〇一八年度以降にクラブハウス兼練習グラウンドとして利用予定の城里町の旧七会中学校で開いた。旧七会中が会場になるのは今年が初。

 旧七会中は、二〇一五年三月で廃校になった。体育館でのイベント開始前、ホーリーホックの新たな拠点となる校舎を大勢のサポーターが見て回っていた。あいさつで沼田邦郎社長は「廃校の活用は、Jリーグや日本サッカー協会からも注目されている。来年もここでみなさまに会えることを願ってシーズンを戦う」と述べた。

 旧七会中には、公民館や町役場の七会支所を併設する計画もある。上遠野修町長は「ホーリーホックには最高の練...    
<記事全文を読む>