サッカー王国ブラジル出身の26歳は「子どもの頃から日本でプレーすることが夢だった」と話す。日本に興味を持ったのはアニメの影響で、お気に入りは「幽☆遊☆白書」。日本のテクノロジー(工業技術)にも興味があり、松本山雅からのオファーに快諾した。

 ブラジル国内の6クラブに加え、2015年はカザフスタンでプレーした。真夏のブラジルから来日したが、寒さはカザフスタンで経験済み。「早く日本に慣れ、J1に上がれるよう、皆さんの期待に応えたい」と意欲的に練習に励む。

 トップ下が本職の攻撃的な選手。突破力があり「持ち味は決定力。相手ディフェンダーにとって嫌な存在になりたい」。映像を通じたJリーグの印象は「...    
<記事全文を読む>