J2ファジアーノ岡山は27日、沖田神社(岡山市)で必勝を祈願した。J参入9年目のシーズン。選手・スタッフがJ1昇格という悲願達成に向け、気持ちを新たにした。

 スーツ姿の選手28人をはじめ、コーチ陣、木村正明社長ら計49人が参加。拝殿で祝詞が読み上げられた後、長沢徹監督、DF竹田忠嗣が玉串をささげた。神事を終えた選手たちは今季の目標や願い事を書いた絵馬を奉納した。

 「道を拓(ひら)く」と絵馬に記した長沢監督は「(J1という)新しい景色をこの岡山にもたらすのが使命。選手を導き、結果を残したい」。昨夏のリオデジャネイロ五輪代表で年男のGK櫛引政敏は「チャレンジの年。自分らしさを出しつつ、チー...    
<記事全文を読む>