宮崎市の県総合運動公園ラグビー場で2次キャンプに臨んでいるJ2徳島ヴォルティスは27日、翌日のJ2長崎との練習試合に備え、セットプレー時の守備などをチェックした。副主将に決まったGK長谷川らキーパー陣が素早い反応を見せた。

 セットプレーは、攻撃側の人数や配置を変えるなどさまざまな場面を想定。守備側はラインの上げ下げやボールを奪ってから速攻につなげる動きを何度も確認した。

 GK陣も活発だった。梶川は低い弾道のシュートに難しい体勢からも反応し、何度も好セーブ。長谷川も積極的な飛び出しでセンタリングのハイボールをがっちり捕球して素早くフリーの仲間に回すなど堅実さが目立った。

 4人中2人が入れ...    
<記事全文を読む>