DF菅沼駿哉の最大の魅力は、空中戦も含めた対人の強さ。「1対1の守備は負けたくない」。見るからに屈強そうな体格が、その言葉に説得力を持たせる。

 木山隆之(たかし)監督が求める後ろからのビルドアップ(攻撃の組み立て)。菅沼自身、G大阪ユースで経験している。ただ本人は「ボールをつなぐなど、求められていることはやらないと」とした上で「一番は失点を減らすこと。そこに比重を置きたい」。あくまで自分の主たる仕事は守備だと強調する。

 今季の山形が取り組む3バックは、磐田や京都で数回経験した程度。「未知の世界。楽しみが大きい」と前向きだ。昨季まで所属した京都では主力として出場機会を得たが、J1昇格を果...    
<記事全文を読む>