サッカーJ2の松本山雅は26日、1次キャンプ地の静岡県御殿場市で浜松開誠館高(静岡)と今季初の練習試合を行い、後半19分に奪ったFW高崎のゴールで1―0で勝った。

 松本山雅は負傷者らを除いたフィールドプレーヤー20人が、前半と後半で総入れ替えして臨み、GKは途中で交代して4人が全員出場した。新加入選手は前半が3バックの中央に橋内、左に呂成海(ヨ・ソンヘ)、左サイドにジエゴ、前線にセルジーニョが入り、後半は岡本が守備的MF、星原が右サイドでプレーした。

 ボールを保持して圧倒的に攻め込んでいたが、ゴール前では選手同士の距離感が悪かったり、動きがかみ合わなかったりする場面が目立った。
<記事全文を読む>