J2徳島ヴォルティスは25日、宮崎市の県総合運動公園ラグビー場で2次キャンプをスタートさせた。高知での1次キャンプに引き続き、選手たちは実戦形式のミニゲームで戦術理解に時間を割いたほか、2月4日までの期間中に予定している4度の練習試合をにらみ体力強化にも取り組んだ。

 故障明けでこれまで別メニューだったMFカルリーニョスを含め全30選手が参加。午前はフィジカル強化のためペース走やサーキットトレーニングに汗を流した。

 午後は3グループに分かれて9対9のミニゲーム。ロドリゲス監督が「(ボールを)前へ運べ」「スペースを使え」などと声を掛ける中、松村や大﨑淳らMF陣が鋭い飛び出しやスルーパスなど...    
<記事全文を読む>